DSC8271

    高温DSC

    1500℃までの高温測定

     

    最高温度1,500℃の高温型示差走査熱量計であり、業界最小クラスのDSCです。セラミクスやガラス材料など高温での分析が必要な状況において、標準型のDSCでは測定できない現象でも多面的にデータを得られますので、より幅広い分野で材料分析にお使いいただけます。

    DSC8271 概要

    最高温度1,500℃の高温型示差走査熱量計であり、業界最小クラスのDSCです。セラミクスやガラス材料など高温での分析が必要な状況において、標準型のDSCでは測定できない現象でも多面的にデータを得られますので、より幅広い分野で材料分析にお使いいただけます。

    DSC8271 特徴

    1500℃までの高温測定が可能
    セラミクスやガラス材料など高温での分析に最適

    DSC8271 仕様

    モデル名 Thermo plus EVO2 DSC8271
    装置名 高温示差走査熱量計
    測定方式 熱流束型
    測定温度範囲*1 室温~1500℃
    DSCスケール ±100mW
    昇温速度(最大)*2 20℃/min
    ノイズレベル(RMS) 5μW以下
    測定雰囲気 空気・不活性ガス
    最大試料量 45μL
    装置寸法 DSC8271本体 :275(W) x 448(H) x 555(D)(mm)絶縁トランス :355(W) x 353(H) x 310(D)(mm)
    重量(本体) 32kg27kg (絶縁トランス)
    電源 1Ø, AC100V 50/60Hz 15A

    DSC8271 アプリケーションノート

    以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

    DSC8271 イベント

    学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

    現在予定されているイベントはありません。

    お問合せ

    製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。