医薬品向けアプリケーション

X線CTは、非破壊的な 3D イメージング技術です。 内部のひび割れ(キャッピング)、空隙、コーティングの不均一性または剥離、凝集、相変化、劣化など、顆粒剤、錠剤、およびカプセルなどのさまざまな欠陥を明らかにすることができます。 欠陥は薬物の溶解速度と放出速度の変化を引き起こす可能性があり製剤設計の決め手になります。これらの錠剤やカプセルを粉砕して化学的に分析するだけでは、これらの欠陥を見逃す可能性があります。また、溶出試験だけでは結果はわかっても原因を突き止めることはできません。
X 線 CT 画像は、製品開発、製剤設計およびトラブルシューティング プロセスにおいて医薬品のパフォーマンスが低下する根本的な原因についての原因究明の手法を提供します。

XCT pharma application category image defects
マイクロCTメニュー

どのような解析ができますか?

アプリケーション例:

  • 錠剤のキャッピングと空隙の分析
  • コーティングの厚みと層間剥離の分析
  • 凝集体、アモルファス、結晶相分析
  • 分解・溶解過程のイメージング

学習リソース

医薬品サンプルのCTデータ解析についてさらに学びたい場合

X線マイクロCTについてさらに学びたい場合

医薬品への応用例

研究や生産分野における課題にX線CTが利用できるかどうか、応用例をご覧ください。   *英語ページにも例がございます

推奨製品 - サブミクロン解像度の CT スキャナー nano3DX

製薬分野向けリガクCTスキャナ

解像度とコントラストを求める場合 nano3DX

類似した低密度の有機材料間のコントラストを向上させたい場合や、サブミクロンの解像度が必要な場合にお勧めします。

nano3dx_800x610w

多様性を求める場合 CT Lab HX

サンプルのサイズや解像度に柔軟性が必要なイメージングにお勧めします。

CT Lab HX130 1200w

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。