発泡材と複合材向け     アプリケーション

X線 CTは、発泡材や複合材の 3D 画像を非破壊で提供します。 サンプルを切断せずに、1 回のスキャンで数千のスライスを取得できます。 これにより、発泡状態またはフィラーの細孔サイズ、形状、セル壁の厚さ、および複合材料の繊維サイズ、形状、分布、および配向を解析できます。

XCT foam foams and composite application category image cell wall and fiber orientation
マイクロCTメニュー

どのような解析ができますか?

アプリケーション例:

  • 空隙率および粒子径分布分析
  • 細胞壁厚分析
  • 繊維配向解析

学習リソース

フォームやコンポジット材料のCTデータ解析についてさらに学びたい場合は:

X線マイクロCTについてさらに学びたい場合:

発泡材および複合材への応用例

研究や生産分野における課題にX線CTが利用できるかどうか、応用例をご覧ください。   *英語ページにも例がございます

推奨製品 - サブミクロン解像度の CT スキャナー nano3DX

Rigaku社のCTスキャナーは、フォームやコンポジット材料の解析に適した製品です。

解像度について nano3DX

数マイクロメートル厚のフォームの細胞壁や、コンポジット材料内の炭素またはガラス繊維などをイメージングする必要がある場合には、おすすめです。

nano3dx_800x610w

柔軟性を求める場合 CT Lab HX

マイクロン解像度で小~中サイズのサンプルをスキャンしたい場合にお勧めの機器

CT Lab HX130 1200w

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。