この製品は日本では販売しておりません。

試料観察TG-DTA8122

試料観察示差熱-熱重量同時測定装置

試料観察機能付き差動型示差熱天秤

熱分析を実行しながら視覚的に試料変化を観察できる示差熱天秤です。
試料観察機構を搭載するマイクロスコープ一体型電気炉、およびTG-DTA本体から構成され、室温から1000℃までの温度範囲における試料変化を観察・撮影できます。

試料観察TG-DTA8122 概要

熱分析を実行しながら視覚的に試料変化を観察できる示差熱天秤です。
試料観察機構を搭載するマイクロスコープ一体型電気炉、およびTG-DTA本体から構成され、室温から1000℃までの温度範囲における試料変化を観察・撮影できます。
セラミックスの焼結時の収縮挙動、ガラスのガラス転移/軟化/流動に伴う形状変化、ポリマーの融解に伴う流動や分解時の発泡の状態などをモニターすることが可能です。

 

マイクロスコープ一体型電気炉

ツインホルダの差動型TG-DTAは水平差動トリプルコイル方式が採用されています。この方式によりドリフトの原因となるさまざまな変動が補正・キャンセルされます。一段と高精度な重量変化測定が手軽に実現できます。一体型電気炉のため、従来の電気炉交換同様、簡単に交換ができます。

 

オートサンプルチェンジャー(ASC)に対応

オートサンプルチェンジャー(オプション)にも対応し、無人測定および撮影が可能です。

 

1000℃までの高温域に対応

室温から1000℃までの加熱、および1000℃から室温までの冷却時に起こるリアルな試料変化を観察することができます。

試料観察TG-DTA8122 特徴

【中小企業経営強化税制対象機種】(日本)
マイクロスコープ一体型電気炉
サンプルチェンジャー対応
1000℃までの高温域対応

試料観察TG-DTA8122 動画

試料観察TG-DTA8122 仕様

モデル名 Thermo plus EVO2 TG-DTA8122/C
装置名 試料観察型示差熱-熱重量同時測定装置
天秤方式 水平差動型示差熱天秤(TG-DTA)
測定方式 水平差動型トリプルコイル方式
測定温度範囲 室温~1000℃
昇温速度 1~100℃/min
試料量 最大 1g
TGレンジ 500mg
TG分解能 0.1μg
DTAレンジ 2000μV
測定雰囲気 大気・不活性ガスフロー・ガスフロー・減圧
解像度 2592×1677、640×480
照明 落射型LED照明内蔵
オプション オートサンプルチェンジャー(試料数:24個、レファレンス:3個、較正用試料:5個)/安全カバー/失透防止ユニット
装置寸法 350(W) x 355(H) x 704(D)(mm)/480(W) x 483(H) x 704(D)(mm) (ASC付き)
重量(本体) 33kg/48kg (ASC付き)
電源 1Ø, AC100-120V/200-240V 50/60Hz 15A

試料観察TG-DTA8122 オプション

以下のアクセサリーが、この製品で使用できます。

試料観察TG-DTA8122 アプリケーションノート

以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

試料観察TG-DTA8122 イベント

学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

現在予定されているイベントはありません。

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。