TG-FTIR

示差熱天秤-フーリエ変換赤外分光分析測定システム

熱分析では、何度で試料に変化が起きたのかは分かりますが、試料から何が気化生成したかまでは分かりません。フーリエ赤外分光法(FTIR)を同時に行うことで、揮発あるいは熱分解によって生成するガス成分の定性分析を行い、生成量の変化を温度変化に対して追跡することができます。

TG-FTIR 概要

示差熱天秤-フーリエ変換赤外分光分析測定システム

熱分析では、何度で試料に変化が起きたのかは分かりますが、試料から何が気化生成したかまでは分かりません。フーリエ赤外分光法(FTIR)を同時に行うことで、揮発あるいは熱分解によって生成するガス成分の定性分析を行い、生成量の変化を温度変化に対して追跡することができます。

TG-FTIR 特徴

特徴
成分ごとの赤外吸収スペクトルの強度変化グラフ、3D表示など多彩な表示が可能
TG用の気相ライブラリによるスペクトル検索
Mercury TGA™機能により同時に発生する混合状態のガス種を自動判別
下記Thermo Fisher Scientific 社製フーリエ変換赤外分光装置に対応:Thermo Scientific™ Nicolet™ iS20, iS50, iS50R

TG-FTIR アプリケーションノート

以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

TG-FTIR イベント

学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

現在予定されているイベントはありません。

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。