CT Lab GX

工業用3次元マイクロX線CT
CT Lab GX90/GX130「最速8秒でのCT撮影」「最高分解能4.5 µm」「高分解能・広視野撮影」が可能

CT Lab GXは、医薬品、食品、骨、鉱物、電子デバイス、電池、アルミ鋳物、プリント基板などの撮影に適した高速/高分解能撮影が可能な3次元CTです。
省スペース・省エネルギー、100V電源使用、試料を置くだけで撮影できる水平保持方式です。キャスター付きのため移動もスムーズです。「最速8秒でのCT撮影」「最高分解能4.5 µm」「ワイドビューイメージング機能で高分解能・広視野撮影」が可能であり、視野や解像度の選択によって、細部構造も観察できます。

CT Lab GX 概要

工業用 3次元マイクロX線CT
CT Lab GX90/GX130「最速8秒でのCT撮影」「最高分解能4.5 µm」「高分解能・広視野撮影」が可能

CT Lab GXは、医薬品、食品、骨、鉱物、電子デバイス、電池、アルミ鋳物、プリント基板などの撮影に適した高速/高分解能撮影が可能な3次元CTです。
省スペース・省エネルギー、100V電源使用、試料を置くだけで撮影できる水平保持方式です。キャスター付きのため移動もスムーズです。「最速8秒でのCT撮影」「最高分解能4.5 µm」「ワイドビューイメージング機能で高分解能・広視野撮影」が可能であり、視野や解像度の選択により、細部構造も観察できます。

高速撮影8秒/高速画像再構成15秒
最速8秒から57分までの撮影時間を選択できます。画像再構成時間わずか15秒と高速で3次元データを取得できます。

最高分解能4.5µm・広視野撮影
分解能は最小4.5µm~144µmまで選択可能です。リアルタイム2D機能により、高分解能X線TV装置としても利用できます。また、最高分解能4.5µm、最大画素数8000×8000を実現し、広視野でも高分解能で撮影できます。

試料水平保持方式
試料を置くだけで撮影でき、測定対象を動かすことなく撮影できます。試料が動かないため、液状の試料でも、容易に撮影することができます。

高速性を追求
データベース登録から撮影・画像再構成・画像解析までの高速性を追求。3Dボリュームレンダリングソフトも標準品として備わっています。

低ランニングコスト/X線作業主任者の選任不要
100V電源で稼働し、冷却水は不要です。キャスター付きのため工場/倉庫内の移動も簡単です。X線作業主任者の選任は不要であり、装置の安全管理が容易です。

測定試料に応じた製品を選択可
樹脂など材料の観察に適した低エネルギーX線の「CT Lab GX90」と軽金属などX線が透過しづらい材料に適した高エネルギーX線の「CT Lab GX130」の2タイプを用意しました。

CT Lab GX 特徴

高速CT撮影と高速画像再構成
高分解能・広視野撮影
試料設置が簡単な試料水平保持方式
低ランニングコスト

CT Lab GX 仕様

製品名 CT Lab GX
手法 X線CT
用途 高速・高分解能3次元マイクロX線CT
検出器 フラットパネルディテクター
主な特長 最速8秒でCT撮影、高速画像再構成15秒、最高分解能4.5μm
X線源 GX90:管電圧~90 kV、GX130:管電圧~130 kV
制御(PC) 外部PC、MS Windows® OS
本体寸法 980 (W) x 1535 (H) x 963 (D) (mm)
質量 450 kg(本体)
電源 AC100 V 15 A(コンセントはアース用意)

CT Lab GX オプション

以下のアクセサリーが、この製品で使用できます。

CT Lab GX アプリケーションノート

以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

CT Lab GX イベント

学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

現在予定されているイベントはありません。

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。