この製品は日本では販売しておりません。

    試料観察TG-DTA/GC-MS

    試料観察型示差熱天秤-ガスクロマトグラフィ質量分析測定システム

    「はやぶさ2」が採取した「リュウグウ」試料の含水量を測定しました
    ~2021年8月4日、東京本社にて測定実施~

    試料観察をしながらTG-GCMS測定

    加熱時の反応に伴う物質の重量変化だけでなく、熱分析だけでは判断が困難な化学反応情報が、同時にしかも高感度で得られます。新素材開発、製造技術確立、品質管理、基礎研究を強力にサポートするために不可欠なツールです。各メーカーのMS,GC-MSと接続可能で、トータルシステムとして技術サポートします。水蒸気雰囲気下の測定にも対応します。

    反射防止フィルター

    試料観察TG-DTA/GC-MS 概要

    加熱時の反応に伴う物質の重量変化だけでなく、熱分析だけでは判断が困難な化学反応情報が、同時にしかも高感度で得られます。新素材開発、製造技術確立、品質管理、基礎研究を強力にサポートするために不可欠なツールです。各メーカーのMS,GC-MSと接続可能で、トータルシステムとして技術サポートします。水蒸気雰囲気下の測定にも対応します。

    • 独創の発生ガス収集機構
      水・空気などのバックグラウンドを低く抑え、試料直近での発生ガス収集を行っています。
    • TG/MSに不可欠な2つの導入モードを標準装備
      示差熱天秤から直接MSに導入するダイレクトモードと、冷却トラップを経由してGC-MSに導入するトラップモードパイロライザーによる分析が可能です。
    • 従来のパイロライザーにない豊富なシミュレーション機構と正確な温度情報
      加熱条件、雰囲気、試料量などの測定条件を広範囲に選べ、しかも正確な試料温度での情報が得られます。TG-DTAから物質の質量変化情報が、GC-MSから化学反応情報が同時に得られるので、反応の進行を“in-situ”でフォローできます。

    試料観察TG-DTA/GC-MS 特徴

    独創の発生ガス収集機構
    TG/MSに不可欠な2つの導入モードを標準装備
    従来のパイロライザーにない豊富なシミュレーション機構と正確な温度情報
    試料観察をしながらTG-GCMS測定を実現

    試料観察TG-DTA/GC-MS 仕様

    示差熱天秤部 Thermo plus EVO2 試料観察TG-DTA8122
    昇温速度 50℃/min.
    モデル マスインターフェース
    インジェクション接続 ダイレクト接続
    測定モード TG-MS、TG-GCMS TG-MS
    トランスファーチューブ 内面不活性化処理キャピラリチューブ 内面不活性化処理キャピラリチューブ
    トランスファーチューブ温度 350℃ 350℃
    トラップ 1チャンネル(GCオーブン内) -
    トラップ温度 最低-196℃(液体窒素) -
    トラップ物気化方法 GCオーブンでの昇温 -
    ※示差熱天秤部の仕様は、TG-DTA8122の仕様に準じます。

    試料観察TG-DTA/GC-MS アプリケーションノート

    以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

    試料観察TG-DTA/GC-MS イベント

    学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

    現在予定されているイベントはありません。

    お問合せ

    製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。