この製品は日本では販売しておりません。

    インライン対応測定ヘッド

    インライン対応測定ヘッド

    大型ガラス基板上のコーティング被膜やインライン生産中の測定対象を非破壊計測できる測定ヘッドを提供します。

    リガクは1960年代から鋼板やアルミ板上各種コーティングのオンライン・インライン向け付着量計/膜厚計の製造販売を行っています。これまで累計約450台のシステムを納入し、多くのお客様の生産性向上・環境負荷の低減に寄与しています。

    インライン対応測定ヘッド 概要

    リガクは1960年代から鋼板やアルミ板上各種コーティングのオンライン・インライン向け付着量計/膜厚計の製造販売を行っています。これまで累計約450台のシステムを納入し、多くのお客様の生産性向上・環境負荷の低減に寄与しています。

    特徴

    • 非接触及び非破壊で連続的に測定できます。
    • 測定ヘッドを固定し測定対象を動かす方法と測定対象を固定し測定ヘッドを動かす方法に対応します。
    • エネルギー分散型蛍光X線法を採用し、大気中でAl~Uの測定が可能です。
    • 測定対象によって最適な測定方式、X線管、検出器の組み合わせが可能です。
    • 独自のアルゴリズムを搭載したファンダメンタルパラメータ(FP)法プログラムにより、10層までの多層膜の定量分析を行うことが可能です。

    システム概要

    空冷式50kV励起X線管と高分解能半導体検出器の組合せにより、非破壊・非接触で定量分析を行うことが可能です。測定対象に最適な励起条件と薄膜試料構成モデルにて迅速に膜厚・組成分析を行うことができます。

    測定ヘッド固定で測定対象を動かす方法

    • 測定対象が比較的小さい場合、測定ヘッドを固定して測定対象を動かす方式が便利です。
    • 防塵防滴が必要な環境下の場合、一体型測定ヘッド(JIS C 0920 IP54相当)が最適です。

    測定対象固定で測定ヘッドを動かす方法

    • 測定対象が大きい場合、測定対象を固定して測定ヘッドを動かす方式があります。
    • 高さ調整を容易にするために軽量化された分離型測定ヘッドが最適です。(別途電装部の近接設置が必要)

    インライン対応測定ヘッド 特徴

    工程管理などのために測定ヘッドを製造ライン内に設置して、処理されたばかりのめっき層の厚さや組成、あるいは皮膜の厚さなどをリアルタイムに測定するもので、測定のために測定対象を加工する必要はありません。

    インライン対応測定ヘッド アプリケーションノート

    以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

    インライン対応測定ヘッド イベント

    学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

    現在予定されているイベントはありません。

    お問合せ

    製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。