EIGER2 R Series(旧製品)

高分解能光子計数X線検出器

単結晶X線回折用のX線検出器

EIGER2 R series

HPC(ハイブリッドフォトンカウンティング)検出器は、計測ノイズがなく高感度な直接検出単一光子計数装置です。 EIGER2 RシリーズはDECTRISの最新世代のHPC検出器で、自動加算機能を備えています。これは、デジタルカウント機能を1ピクセルあたり最大32ビット、つまり42億カウント以上に拡張します。

EIGER2 R Series(旧製品) 概要

EIGER2 R series

HPC(ハイブリッドフォトンカウンティング)検出器は、計測ノイズがなく高感度な直接検出単一光子計数装置です。 EIGER2 RシリーズはDECTRISの最新世代のHPC検出器で、自動加算機能を備えています。これは、デジタルカウント機能を1ピクセルあたり最大32ビット、つまり42億カウント以上に拡張します。

EIGER2 R 4M(有効面積:155.2 mm x 162.5 mm、CCDおよびイメージングプレート検出器に匹敵)、EIGER2 R 1M(有効面積:77.2 mm x 79.9 mm)は、優れたデータ収集効率と分解能を兼ね備えています。 さらに、EIGER2 R検出器はこれらの高い計数率を連続的な読み出しで実現し、99%を超えるデューティサイクルを達成。 EIGER2 R 1Mおよび4M検出器は、ピクセルサイズが75μmであり、高分子​​のような長い単位格子を持つサンプルからの反射に対して優れた分解能を提供します。 一般に、CCDまたは従来PILATUS検出器のサンプルから検出器までの距離よりも20~30%短い距離で使用できます。

EIGER2 R Series(旧製品) 特徴

特徴
センサー:逆バイアスシリコンダイオードアレイ
動的量子効率(Cu-Kα)> 98%
ダイナミックレンジ:32ビット
最大計数率5 x10⁸X線フォトン/秒
水冷式

EIGER2 R Series(旧製品) 仕様

製品名 EIGER2 R series
手法 単結晶X線回折
用途 高速で高感度のフォトンカウンティング検出器
テクノロジー ハイブリッドフォトンカウンティング(HPC)X線検出器
主要コンポーネント 水冷HPC検出器
制御(PC) 外部PC, MS Windows® OS,

EIGER2 R Series(旧製品) アプリケーションノート

以下のアプリケーションノートはこの製品に関連しています。

EIGER2 R Series(旧製品) イベント

学会や展示会にご参加の際は、リガクの展示ブースにぜひお立ち寄りください。

現在予定されているイベントはありません。

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。