バイオテクノロジー&ライフサイエンス

タンパク質結晶学から分子イメージングまで

バイオテクノロジーおよびライフサイエンス研究で必要とされる解析のスケールは、原子レベルから生物全体まで広がります。X線回折(XRD)は、製薬および食品業界で広く使用されており、原子レベルの結晶構造の解析や多形の同定に使われています。大規模なスケールの分析には、臨床前マルチモーダル分子イメージングシステムも提供しています。またプロセス制御では、重金属や異物の検出に蛍光X線分析(XRF)またはX線透過撮影による非破壊検査(NDT)が使われています。さらに、原料の識別(RMID)には携帯型ラマン分光計も使われています。リガクの分析機器は、それぞれのスケールと解析目的に応じて装置を最適化することで、簡単な操作を実現しています。 
Biotechnology and life science

関連産業分野

ご興味のある研究または産業分野を選んで、応用例やおすすめの分析製品をご覧ください。

industry_pharma_400x300
製薬・医薬品

XRDとXRFは、薬物の発見と品質管理において重要です。X線および電子回折装置は、低分子化合物や生体高分子の構造決定に使用されています。

もっとみる >
ライフサイエンス研究
ライフサイエンス

X線および電子回折装置は、研究開発の初期段階において蛋白質や低分子の結晶構造を解明する目的で広く使用され、ライフサイエンス分野において重要な役割を果たしています。また、臨床前研究のためのマルチモーダル分子イメージングや、軟組織や植物のイメージングのための生体用X線CTも提供しています。

もっとみる >
biotechnology 1200x627
バイオテクノロジー

XRDと結晶学は、バイオテクノロジー産業における結晶構造研究に貢献しています。SAXSはナノスケールの周期構造解析に適用されます。一方、XRFは元素分析に使用されます。X線CTは、天然材料と人工生体材料の両方の研究に使用されます。

もっとみる >
食品・食材
食品・食材

プロセス制御では、XRFによる重金属濃度分析や異物検査のためのNDTスクリーニングなどのアットラインモニタリングは、コスト効率を向上させることができます。一方、研究開発では、XRDとSAXSは食品成分の分子レベルでの構造を研究するための優れたツールです。

もっとみる >
化粧品
化粧品

研究段階やプロセス制御段階の両方で、XRDとXRFを使用して、構造解析と元素分析を行うことができます。携帯型ラマン分光計は、包装材の上から材料を分析し、RMID(原料識別)、検証、および偽造防止のための認証に使用されます。

もっとみる >

関連製品

多くの製品がバイオテクノロジーおよびライフサイエンスの分野で使われています。お探しのものは見つかりましたか?見つからない場合は、「製品をさがす」をお試しください。

アプリケーションノート

応用例から分析目的に合った手法をご検討いただけます。

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。