電子部品

膜厚/組成およびウェーハ汚染評価ツール

リガクの分析機器は、インファブプロセス制御の計測や薄膜および材料の特性評価が可能です。最先端材料の研究開発に利用されています。歩留まり向上とプロセス開発には、汚染測定用のプロセス全反射蛍光X線(TXRF)、気相分解-全反射蛍光X線(VPD-TXRF)機器及び24時間年中無休のサービスを提供しています。

X線回折(XRD)、蛍光X線(XRF)、X線反射率法(XRR)、およびX線トポグラフィー(XRT)などの分析手法は、薄膜の重要なプロセスパラメーターである厚さ、組成、ラフネス、密度、多孔性、および結晶構造と結晶構造の欠陥を測定することが可能です。リガクのX線分析装置は電子材料、電子部品などの先端材料の開発や評価には欠かせない分析機器となっています。

ElectronicDevices450x450

アプリケーションノート

応用例から分析目的に合った手法をご検討いただけます。

おすすめの製品

多くの製品がライフサイエンスの分野で使われています。おさがしのものは見つかりましたか?見つからない場合は、「製品をさがす」をお試しください。

お問合せ

製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。