コンポジット(複合材料)

    X線CTによるフィラーと繊維の3Dイメージング 

    複合材料は2つ以上の材料の組み合わせから成り、各材料の分布が複合材料の特性に影響します。X線CT(コンピュータ断層撮影)では非破壊で3D画像を得ることができ、複合材料のフィラーや繊維のサイズ、形状、分布、および配向を分析することができます。さらに、複合材料内の気孔やクラックを視覚化および定量化することができます。 
    複合材

    アプリケーションノート

    応用例から分析目的に合った手法をご検討いただけます。

    おすすめの製品

    多くの製品がコンポジット(複合材料)の分野で使われています。おさがしのものは見つかりましたか?見つからない場合は、「製品をさがす」をお試しください。

    お問合せ

    製品選びから据付後の技術サービスまで、何でもお気軽にお問合せください。